見積書と営業マン

業者に依頼するとなると、まずはその業者の営業マンと話をする事になります。営業マンは商売である以上、自分に不利になる事は絶対に言いません。そのため、うわべの事を言う事も少なくないのが事実です。

その上で大きなポイントになるのが、営業マンが言った事が見積書に記載されているかどうかです。例えば、あくまでもサービスで何かを処分するという事を営業マンが言い、それが見積書に記載されているかどうかといった事です。作業員は作業指示書に書いてない作業は当然しません。当日の作業員に伝わっているかどうかは、営業マンがしっかり伝えているかどうかです。

言った言わないの水掛け論になってのトラブルは少なくありません。当然無料か有料かも明記していないといけません。引越しの営業マンは、引越しのプロデューサーであって、お客様との話の内容は当然盛り込むべき事で、その場だけの話にしてはいけないのは言うまでもありません。

この部分に注目して業者を選ぶと、後に後悔する事は少なくなっていきます。口八丁に手八丁でグイグイ押すだけの営業マンではなく、しっかり信頼できる営業マンであるかどうかの見極めは必要です。特に大がかりの引越しの場合は要注目です。